オス猫の去勢のやり方は?実際の方法と手術にかかった時間を紹介!

猫の去勢手術の方法

こんにちは!獣医師のanicoです。

 

飼ってるオス猫がマーキングを始めたり、気性が荒くなってきた?と思ったら・・・

 

考えるのが、去勢手術のことですよね。

 

でも、

 

 

 

「猫の手術って実際どうやるんだろう?」

「術中の麻酔は安全?痛くないかな?」

「猫の手術時間ってどのくらいかかるんだろう?日帰りできる?」

 

 

 

と、考え始めると心配でいろいろ気になってしまいますよね^^;

 

今回はそんな不安にお応えすべく、

 

  • 実際に動物病院で猫の去勢手術をしていた時のやり方
  • 麻酔方法は安全か?
  • 手術にかかっていた時間
  • 術前・術後の病院とお家での管理の仕方

 

などをご紹介していきたいと思います!

Sponsored Link

 

ですので、手術前の絶水・絶食は必須となります!

(基本的に去勢手術に限らずすべて必要)

 

じゃあなぜ麻酔をかける時に胃の中をからっぽにしておく必要があるのか?

 

というと、その理由は、

麻酔をすると猫の意識がなくなる

この時胃の中に食べ物が入っていると、吐くことがある

吐いたものを吸い込んでしまい、肺に入る

肺炎を起こす(誤嚥性肺炎:ごえんせいはいえん)

入院期間の延長or場合によっては死亡することも・・・

という、けっこうやっかいな状態になってしまう可能性があるんです(-“-)

 

ですので、

手術前は胃の中を空っぽにしておくことが必要!

でも胃が空になるまで時間がかかる

半日以上前から絶食する

という流れが必須になるんですね。

 

犬何時間前までごはんをあげてもいい?お水は?

ドライフード

anicoの病院では午前の診察が終わってから大体13~15時くらいまでの間に手術をしてましたし、実際このくらいの時間帯にする病院は多いです。

 

ですのでこれを前提に飼い主さんに言っていたのが、

 

  • 前日の夕食は食べてもOK!
  • 夜0時を過ぎたら食べ物はあげない!
  • 手術当日は9時までお水は飲んでOK!

 

という内容で、この流れを守ってもらって来院していただいてました。

 

一般的に猫は明け方に食事を求めてナーナーと起こしにくる子が多いんですが、飼い主さんにはそこをこらえてもらいます。

双方我慢が必要になってきてちょっとツラいですが、命を守るためなので仕方ないですね^^;

 

知り合い(獣医)にも聞いてみたことがあるんですが、やっぱり絶食は半日くらい、飲水は手術の数時間前までOKというところが多かったです。

 

犬猫の去勢手術で行う麻酔方法とは?

基本的にはオスでもメスでも不妊・去勢手術で使う麻酔の種類は同じなんですが、年齢や基礎疾患の有無によってはリスクが高くなることを考え種類を変えたり、血液検査の数値によっても組み合わせを変えたりして、できるだけ安全に手術できるような麻酔を選んで使ってました。

 

その麻酔の方法なんですが、

まず猫の前足の血管(右でも左でもどちらでもOK)に点滴用の針を設置(術中の脱水防止&緊急時に備えての静脈確保

設置した針を通して、麻酔薬(液体)を注入

猫が意識を失ったら気管チューブを挿管(気道を確保

麻酔薬(気体)を吸入させて、麻酔を維持

麻酔管理をしながら手術

という流れで手術に入ってました。

 

けっこうこの流れはあっという間です!

 

犬実際にしていた猫の去勢手術の方法はコチラ!

Sponsored Link

ではではお待たせしました!

 

実際anicoはどんな感じでニャン玉を取って(盗って?)いたか?

 

実際こんな感じの手術をしてました!

麻酔が効いた猫を仰向けに寝かせて保定(四肢をひもで固定)する

タマ周りの毛をバリカンできれいに刈る(毛をむしる病院もあります)

刈った毛を取り除き、アルコールとイソジンで消毒

手術用の布(真ん中に四角く穴が開いた緑の布)をかける(この時見えているのはタマの部分だけ)

片方のタマの上から皮膚にメスを入れ、玉をプリッと押し出す

玉を外界にニョーンと出し、玉についている血管と精管を糸でしばる

糸で縛った部分の上側(玉側)をハサミで切って、玉を切り離す

切った部分(血管)から出血がないか確認し、縛った部分を玉袋に戻す

もう片方の玉に取りかかる

両方取り出したら、最後に両玉袋を親指と人差し指でぺショッとはさんで軽く圧迫し終了(傷口を合わせておくと気持ち治りが早い・・・気がする、おまじないのようなもの^^;)

と、大体こんな流れで手術してました。

 

そう、猫は最後に縫わないんです!!(いや縫う病院もあるんですが、最近は縫わないところが多い気がしてます)

犬との違いについて知りたい方はこちらをどうぞ^^

犬の去勢
オス犬の去勢のやり方は?実際の方法と手術にかかった時間とは?
こんにちは!獣医師のanicoです。 これから犬の去勢を考えている方は、 「実際犬の手術ってどうやるんだろう?」 「術中の麻酔は安全?痛くないかな?」 「時間は
2018-10-01 16:35

 

麻酔について気を付けていたことを付け加えるなら、最後のタマを切り離す前くらいから麻酔を徐々に弱くしていって、術後スムーズに覚醒できるようにしていたことでしょうか。

 

もちろん術中に麻酔がきれるようなことは一切ありませんでしたし、痛みの管理もしてましたが、麻酔をかける時間はなるべく短めにしてあげたいですからね。

 

 

 

タマを出す感触は犬も猫も同じで、感覚的には

 

 

枝豆をプリッと押し出す感じ

 

 

です(笑)

ですのでメスを入れる長さは玉より小さめ、そこから押し出す感じで取り出してました。

 

玉より小さめに切る理由は、何も「プリッ」がどうしてもしたいというわけではなく、「穴が小さくても玉は出てくるのだから、傷はできるだけ小さい方があとあと痛くなくていい」との理由からです。

でも「プリッ」の感覚も実際好きで、バンダイのムゲンエダマメを思い出しますね(笑)

 

 

犬猫の去勢手術にかかっていた時間はどれくらい?

メスで皮膚を切ってからタマを取り出し終わるまでは、大体5~10分くらいですね。

 

「思ったよりけっこう早いじゃん!」

 

と思われたでしょうか?

 

きっと同じような流れでされてる病院だと、どこの先生もこのくらいか、もっと早い人もいると思います^^;

 

麻酔の処置から猫が目覚めるまで・・・と考えると、長くても30~40分あれば大体終わるかなといった感じですね。

 

ちなみに費用についてはこちらの記事にまとめてありますので、よろしければどうぞ。

猫の去勢手術!失敗はないの?
猫の去勢手術の費用と時間はどれくらい?失敗はしないの?
こんにちは!獣医師のanicoです。 飼い始めた猫が男の子の場合、 マーキングやおしっこの失敗をなくしたい 特に繁殖の予定がない オス猫特有の病気を防
2018-11-12 01:57

 

犬猫の去勢手術は日帰りできる?それとも一泊二日?

猫の去勢の場合、日帰りしてもらってました!

 

朝お預かり

昼手術

経過観察

夕方お迎え

 

という流れですね。

 

猫の去勢の場合は日帰りという病院がわりと多いんですが、一泊というところもあります。

 

ただ、二泊以上はあんまり聞かないですね。基本的に去勢手術は元気な時にする子が多いので、二泊以上の入院は必要ないんです^^

 

犬去勢手術後に薬(抗生物質)は絶対飲まなきゃダメ?

薬

anicoの病院では、去勢手術後は抗生物質を3日分出して飲んでもらってました。

 

ただ、これは予防的にという意味合いも大きかったので、「元気な状態で手術を受けたんだから必要ない!」ということで術後に薬を出さない先生もわりとおられます。

 

これは、院長の好みというか、どう修行してきたかとか経験による違いくらいに考えていただけたらと思います^^;

 

どちらの場合も、「これが最善」と考えての術後処置ですので。

 

犬猫の去勢手術後の注意点

室内のみで飼っていない場合、つまり外猫の場合は、手術後一週間程度は外に出さない方が無難です。

 

というのもオス猫の場合外に出るととにかくケンカが多い!

 

猫がケンカをすると、引っかき合いや咬みつき合いになったりしますよね。

そうすると手術後の場合は傷口にバイキンが入ってしまい、傷の治りが悪くなったり感染症にかかったりして、また病院に通ってもらうことになるかもしれません。

 

また、去勢後の猫は前のように調子が戻らず、ケンカに負けて傷を多く負ってしまうこともあるでしょう。

 

そんな残念な術後になってしまうのを避けるため、外のパトロールは少しの間我慢してもらうようにしましょう。

 

犬おわりに

いかがでしたでしょうか?

 

手術の大体の流れをつかんで、少しでも安心材料にしていただけたなら嬉しいです!

 

術後の様子は、玉がなくなった猫自身の喪失感はもしかしたら飼い主さんによっては感じられることもあるかもしれませんが、総じて普通!大丈夫です。

 

術後は少し痛いかもしれませんが、病院では普通に水を飲んでましたし、ご飯もお家に帰ってガツガツ食べたとの声をよく聞きましたので^^

(喪失感と言えば、なんと海外にはペット用の睾丸インプラントもあるそうです!)

 

ちなみに去勢手術の時に一緒にできる処置もありますので、歯石など気になるところがある方は一緒にご相談してみてはいかがでしょうか?

全身麻酔なんてそうそうかける機会もないので(かけたくもないですしね^^;)、ついでにとされる方もけっこういらっしゃいました。

犬を診る獣医師
不妊去勢手術時に「ついでに」頼んでおきたい処置とは?part2
こんにちは~!獣医師のanicoです♪ さて、前回「不妊去勢時についでにしておきたい処置」についてお話させていただきましたが、今回は早速その第二弾になります! え、早い
2018-02-28 23:57

こちらはの記事になってはいますが、猫ちゃんの場合もできますのでご安心を(笑)

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsored Link

ブログランキングに参加中です

クリックしていただけるととっっても励みになります!

 にほんブログ村 その他ペットブログ 動物・ペット全般へ 

ペットや獣医師について知りたい方は『いいね=Like Page』を押して最新情報をご覧ください!

コメントは受け付けていません。