生き物にサンキュー‼でみた猫に好かれる方法とは?なぜ嫌われる?

2018年2月7日放送のTBS【生き物にサンキュー‼】で、『なぜか猫に嫌われる人』『猫に好かれる方法』が取り上げられていました。

 

……いますよね、猫が好きなのになぜか嫌われてしまう人。そして特に好きでもないのに懐かれる人。前者は特に切ない!(涙)

 

この差、一体何なんでしょう?

 

番組内で取り上げられていた内容とともに、猫との接し方についてプラスアルファでお伝えしていきます!

スポンサーリンク

なんで猫に嫌われるの?

番組内では、プロデューサーのNさんがなぜか猫に嫌われる人として登場していましたが、確かにめっちゃ嫌われてました!!(笑)猫パンチが繰り出される繰り出される。

そもそも猫自体が狂暴なんじゃないの?と思われるかもしれませんが、そんなことないです。初対面のスタッフの方にはデレデレでした(そして超かわいい)。

 

うーん、この差は一体なに!?

 

ということで、実際に猫さんに聞いてみましょう!

何でお前を嫌うかって?

そりゃもう

  • 目ぇじっと見てくる
  • わいより大きい上に正面から近づいてくる
  • 初対面で追いかけまわされた記憶がある
  • 気分じゃない時ベタベタかまってくる

ってことや!つまりは無遠慮なんや!とにかく無遠慮なんや!!!

ということらしいです^^;いやーちょっと口が悪いですが、そこは猫様ということで流してください(笑)

 

彼の言い分をまとめると、

  • 猫は目をじっと見つめられるのが苦手(喧嘩を売っているととらえられる)
  • 自分より大きな存在や上からの動きを怖がる
  • 猫は人間や犬のようにグループを作らない動物なので、基本的に自分の行動は自由にしたい(自分が欲する時以外は放っておいてほしい)
  • 第一印象が大事(猫は初対面の時の感情を覚えている)

ということなんですね。

猫に好かれる方法

ん?じゃあもしかしてこの嫌われる行動と反対のことをしたら猫様に好かれるのでは!?

ということで、番組では以下のような検証をしていました!

番組内検証!猫に構わないでいたら仲良くなれる!?

スポンサーリンク

まずNさんと猫ちゃんを同じ部屋に二人きり(?)にするんですが、猫ちゃんはいきなりソファの下に

そして待つこと15分……出てくる様子なし。

 

構わないことが検証内容の一番の条件なはずなんですが、ここで我慢できなくなったNさん、なんとおもちゃで構い始めてしまいます(当然猫には嫌がられていましたが)。

さらにはおやつを床に置いて自分は隠れてみたり、でも姿を発見されてまた怒らせてしまったり……

 

なんだかグダグダな雰囲気な中、検証は失敗に終わってしまいました^^;

やはりこんな短時間では初対面の印象をくつがえすことはできなかったようです。……というか、こりゃダメでしょ、と誰もが思ったのではないでしょうか?

 

では、検証では失敗に終わりましたが、最後に猫様に好いてもらえる方法をまとめていただきましょう!

俺が好きなタイプ

それはな、

  • 俺が構ってほしい時だけ構ってくれる
  • 俺の距離感とペースでベタベタできる
  • 俺が呼んだ時だけ応えてくれる
  • 俺が放っといて欲しい時は放っといてくれる
  • 俺のことが大好き

ってことや!つまりは俺を第一に考えろってこった!わかったか!!!

 

なるほどわかりました!つまりはお猫様なんですね!!

 

……えーまとめると、やっぱり猫は犬と違って単独行動を好む生き物です。ここの性質を理解すると、この猫さんが言ってることもわかりますね。

 

猫には距離感を大事にした方が良さそうです。

追加の話

番組内では第一印象を悪くするともうダメ!という感じで言われてましたが、コレ絶対にダメなわけではありません。

 

確かに第一印象はすごく大事で、しかも猫は学習することでずっと覚えてるんですね。

頭が良くてステキ…!と魅力が増す一方、嫌われてしまったあとではやっかいな性質です^^;

 

第一印象を悪くしてしまった場合、その印象をくつがえすには、時間をかけて、根気よく接していくことが一番です。そんな接し方をしていくと、徐々に関係を改善していけます。

逆に言うと、Nさんのように15分でしびれを切らしてしまっては、猫ちゃんが振り向いてくれるのはちょっと難しいかもしれませんね…^^;

 

例えばですが、番組内のことに関していえば、Nさんが手からねこちゃんにおやつをあげるシーンがありました。手から食べてくれるということは関係改善を速めてくれる可能性があるんですが、Nさんは猫ちゃんに触りたいばっかりにせっかく来てくれた猫ちゃんの気にさわることばかりをしてしまってました(食べてる途中で体に触ったり、ちょっかいをだしたり)。

 

ここでしなければならないことは、待つことです。

緊張させずに食べたいだけ食べてもらって、自分のタイミングで去っていかせる。

こういったことを繰り返すことで猫の緊張もほぐれ、この人はやっぱり大丈夫かもと思わせるのが正解です。

 

とにかく急がず待つ!ですね!

おわりに

猫は、距離感を無視して自分の物理的・心理的スペースにズケズケ入って来る人を嫌う傾向が強いです。

好かれるためには、相手(猫さん)が自分に近づいてきた時、構ってもらいたそうにしている時だけ相手をしてあげるのが良さそうですね。

好きだからって追いかけまわしていたら逆効果になるということを知って、猫さんに好かれる行動をとりましょう!コレ、人でも言えるかもですね(笑)

スポンサーリンク

ブログランキングに参加中です

クリックしていただけるととっっても励みになります!

 にほんブログ村 その他ペットブログ 動物・ペット全般へ 

ペットや獣医師について知りたい方は『いいね=Like Page』を押して最新情報をご覧ください!

コメントは受け付けていません。