猫の尿が出ない!尿閉?出なくなって何時間経つと危険?

「猫がトイレに行ってるのに、オシッコしてる気配がない?」

「何度もトイレを行き来して、いつもと違う声でよく鳴いてる」

「元気がなくなってきたし、食欲も全然ないみたい…」

 

 

それ、尿閉かもしれませんよ!!

 

 

尿閉は一刻を争う事態なので、すぐに病院に連れて行かなければならない状態です。

尿閉という病気の原因や症状を知って、愛猫の万が一に備えましょう!

スポンサーリンク

尿閉とは?

関連記事:猫が何度もトイレに!オシッコがでない?若い猫に多い病気とは

尿閉(にょうへい)とは、オシッコが膀胱内にたまって出せなくなった状態です。

腎臓では正常に尿を作り続けているので、放っておくとどんどんオシッコが膀胱にたまり続け、尿毒症を起こして死んでしまう場合もあります。

原因

尿道や膀胱などに腫瘍ができることでの圧迫や、傷ついた尿道が治る際に狭くなってしまう尿道狭窄(にょうどうきょうさく)なんかもありますが、一番多い原因は結石などです。

などとつけたのは、正しくは結石以外にも粘液や剥がれ落ちた細胞、結晶なんかがよく詰まる泌尿器症候群という病気もあるからなんですが、全部ひっくるめて尿石症と呼ぶ獣医師も多いです)

 

症状

初期には何度もトイレに行ったり来たり、トイレにずっと入ってたりと、何とかオシッコをしようとがんばってる姿が見られます。

が!

完全に詰まってオシッコがでなくなってしまうと、元気がなくなり食欲もまったくなくなります

 

お腹も膨らみだし、パンパンになった膀胱からの圧で尿漏れのようにポタポタとオシッコが漏れ出たり、膀胱や尿道が伸びてひろがり、血尿が出てくる場合もあります。

膀胱がパンパンになると腎臓にも圧がかかり、腎臓がうまく機能しなくなって腎不全になります。腎不全になると尿毒症による嘔吐意識障害が出てきて、最終的に死んでしまうこともあります。

 

治療

スポンサーリンク

詰まりを解除してオシッコが出るように、尿道にカテーテルという細い管を通して詰まりを洗い出したりするんですが、それができない場合は詰まりを一旦膀胱内に押し戻して、膀胱洗浄をします。

この処置の後、状態が良ければカテーテルは抜くんですが、

  • 普通にオシッコできない状態
  • 膀胱洗浄しきれずまた詰まる可能性が高い場合
  • 危篤状態

などの場合はカテーテルをつけたまま2~3日様子を見ることがあります。

 

また、どうしても詰まりが解除できない時は、尿道切開などの外科的処置をすることもあります。

 

治療と予防として療法食が必要になるんですが、結石の種類によってフードの種類も変わってきます。

結石を溶かすフードもあれば、維持食として普段からずっと食べてもいいものもあります。代表的なものではロイヤルカナンサイエンスヒルズがありますが、似たような効果をもつものも多いので、最終的には猫の好みによって決めてもいいと思います^^

 

何時間経つと危険?

オシッコが完全に出なくなって24~36時間経つと尿毒症が起こって危険な状態になることがあります。

 

また24時間以上経つと、詰まりが解除された後でもオシッコをするための筋肉がうまく働かなくなっていることもあるので、基本的にはオシッコが出てない!と気づいた時点ですぐに病院に連れて行ってあげてくださいね!

 

まとめ

関連記事:また尿結石が詰まった?去勢オス猫に尿石症が多い10の理由

実際には尿閉になってどのくらい時間が経ったかとかは、わからない場合も多いんじゃないかと思います。

気づいたら出てなかった、という場合が多いと思うので、その時点で即病院です!

 

いざという時に行くかかりつけの病院と、夜間の場合はどこに行ったらいいか、相談したらいいかを普段から備えておくと、いざという時安心ですね^^

 

通常の場合は、こちらの記事が参考になると思います↓

【必見】獣医師に聞くべき5つの効果的な質問

 

お読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

ブログランキングに参加中です

クリックしていただけるととっっても励みになります!

 にほんブログ村 その他ペットブログ 動物・ペット全般へ 

ペットや獣医師について知りたい方は『いいね=Like Page』を押して最新情報をご覧ください!

コメントは受け付けていません。