また尿結石が詰まった?去勢オス猫に尿石症が多い10の理由

猫は犬や人間と比べて、若いうちは健康な子が多いんですよね^^

 

「ワクチンの時しか病院行ったことないよ~」

 

って子も、けっこういるのでは?

 

でも、オシッコの中に石が出てくる病気、

 

尿石症(尿路結石)は別です!

 

これはオス猫が一生に一度はかかってもおかしくはないといわれる病気で、私自身動物病院でもかなりの頻度で遭遇してました。

 

猫がトイレに出たり入ったりして、

 

あれ、また!?

 

と思っちゃうことも多いはず^^;

 

0歳から高齢猫まで

どの年齢でもかかりますが、

猫がかかる理由とは?

 

そしてオス、特に去勢オス猫に多い理由

 

さらに一度かかると繰り返しやすくなる理由とは?

 

今回はそんな疑問にお答えすべく、

原因別にわけて10の理由についてお話していきます^^

スポンサーリンク

全猫に共通の原因

関連記事:猫の尿が出ない!尿閉?出なくなって何時間経つと危険?

まずは、オス・メス含めた全ての猫に共通した6つの理由について解説していきます!

 

尿の濃さ

猫のオシッコのにおいって強烈じゃないですか?

 

布団なんかにされた日には、

洗ってもなかなかにおいが落ちないですよね^^;

(そして洗いにくいところにばかりされるのはなぜ…泣)

 

そもそも猫は濃縮尿といって

とっても濃いオシッコをする動物なんです。

 

ウサギネズミなんかも

同じく濃縮尿をする動物です。

 

で、

 

オシッコが濃縮されているということは?

 

それは、

例えば犬と同じ量のオシッコをしたとして、そのオシッコには犬よりももっとたくさんの老廃物(細胞などのカス)が詰まってるということなので、より尿道に詰まりやすくなってくるんです。

 

また特に冬場の寒い時期

水を飲まなくなる猫も多いんですが、

この場合はさらにオシッコが濃くなり

結石ができやすく、詰まりやすい状態になってしまうんですよね(ノД`)

 

尿のpH

これは尿が酸性かアルカリ性かということなんですが、

 

結石にも種類があって

尿がアルカリ性に傾くとできやすい結石、

逆に酸性に傾くとできやすい結石があるんです。

 

もともと肉食だった猫の尿は酸性ですが、

フードの種類細菌感染などによって

アルカリ性に傾くことがあります。

 

すると今まで酸性尿では溶けていた結晶(代表的なものではストラバイト)が、アルカリ尿では溶けないという事態が起こってきます。

 

溶けないということは

結晶となって出てくるということで、

これがつまりの原因となってくるんですね。

 

食べ物

マグネシウムの多く含まれるドライフード(カリカリ)、人間用の濃い味のにぼしや干物をたくさんあげるなどしていると、結石を作ってしまう原因になります。

 

環境

トイレが汚くて我慢してないか?

他の同居猫がストレスになってないか?

 

トイレを我慢して膀胱内にオシッコをため続けていると、これまた結石を作ってしまう原因になるんですね。

 

尿意を感じたらすぐに出せるような環境を作ってあげることが大切です。

 

細菌感染(膀胱炎)

スポンサーリンク

ウレアーゼという酵素を持つ細菌が増えると

尿は急速にアルカリ性に傾きます。

 

すると結晶が沈殿し始め、

結晶は集合して結石となります。

 

 

また細菌感染によって膀胱炎を起こし、

膀胱粘膜の細胞がはがれると

そのはがれた細胞を中心として結晶が集まり、結石ができます。

雪だるまのようなイメージです!)

 

この中心となる細胞をと言うんですが、

核が多いほど結石がたくさんできやすく、

結石が膀胱を傷つけることによってまたさらに核が増える、という悪循環ができあがってしまうんですね( ノД`)

 

遺伝

猫ではペルシャ種に多いと言われていたり、

逆に品種による差はないとする報告もあったりします(なんじゃそりゃですよね^^;)。

 

私の経験では、

ペルシャ種以外でもガンガンかかっていました。

 

あとは体質もあるようで、

もともと結石ができやすい子、

そうではない子がいる、ということです。

 

オス特有の原因

さあ、次はオスならではの原因です!

メスとの違いは何なのでしょうか??

 

尿道のつくり

オス猫の尿道は長くさらに陰茎部の尿道は細くなっているため

結石などがつまりやすくなってます。

 

反対にメスの尿道は太くて短いので、

尿石症になることはまれです。

 

去勢オス特有の原因

オスとしての尿道のつくりだけでなく、

去勢が加わることでさらに増す要因とは?

 

尿道径を細くする

体が性的に成熟する前に去勢をしてしまうと

尿道径を細くするという報告があり、

より結石がつまりやすくなってしまいます。

(ただしこれには成長の度合による差異はないとの説もあり、教科書や獣医雑誌によっても内容が異なるところです)

 

去勢による肥満

去勢することによりホルモンバランスが変わり、おとなしくなる半面食欲が増えて運動量が減るため、結果肥満につながります。

 

肥満になると尿道も脂肪で圧迫され、

結石が詰まりやすくなる原因になります。

 

さらに運動不足により水を飲む量が減ることで

オシッコがより濃縮され、

結晶が作られやすくなります。

何度も繰り返す原因

一度なると再発しやすいと言われる尿石症ですが、実際同じ子が病院に来ることが多いのは事実です。

 

ではその原因は一体どこにあるのでしょうか?

 

尿道の損傷

一度尿道結石を発症すると、

尿道が結石によって物理的に傷つけられます。

 

また前回カテーテル(尿道に入れる細い管)で治療を行った場合、カテーテルによって尿管が傷つけられた可能性もあります。

 

このように尿道に傷ができると

傷が治る過程で尿道が狭くなってしまい、

結果結石などが詰まりやすくなってしまうというわけなんです。

飼い主ができること

去勢のオス猫が特に尿石症になりやすい原因はご理解いただけましたでしょうか?

 

たくさん書いてはきましたが、

言いたいことは……

 

気を付けてあげるとある程度防げる病気なんです!!!

 

なので、

原因となることの反対のことをしてあげてください^^

 

つまり、

  • なりやすい子はフードを維持食に変えてあげる
  • 水飲み場を増やす
  • 冬場は人肌程度にお水を温めてあげる
  • 運動がてら遊んであげる

 

などなど……

 

あなたのできることをして、できるだけ防いであげてくださいね^^

スポンサーリンク

ブログランキングに参加中です

クリックしていただけるととっっても励みになります!

 にほんブログ村 その他ペットブログ 動物・ペット全般へ 

ペットや獣医師について知りたい方は『いいね=Like Page』を押して最新情報をご覧ください!

コメントは受け付けていません。