犬の爪、切ってる?切ってない?放っとくとどうなるの?

こんにちは!獣医師のanicoです^^

 

みなさんは犬の爪切り、どうしてますか?

 

…ふんふん、外を歩いてるから大丈夫?

…ほうほう、血が出るのが怖い、と。

 

では、言わせていただきます。

スーーーーーーッ・・・

 

 

切ってくださーーーい!

スポンサーリンク

犬の爪を切るタイミングは?

床を歩くときに

チャカチャカチャカチャカ

肉球より先に爪があたっている音がしたら切り頃です。

 

ただ、それがどのくらいの頻度になるのかは日頃の散歩具合などにもよります。

 

毎日散歩してよく爪が削れていれば、1~2ヶ月に1回狼爪(ろうそう。人でいう親指にあたり、前足の上の方にある)を切る程度でいい場合もあれば、外の散歩はあまり行かないから1ヶ月に1回は全部切らなければ~という子もいます。

また、散歩をよくしているけど、よく見たら後ろ足に比べて前足はあまり削れてない、ということもありますよ。

散歩しているからといって全部の爪が均等に削れるということもないんですねぇ。でも、人間も歩き癖なんかで負荷のかかり方違ったりしますもんね~一緒です一緒です^^

 

そして季節によっても、例えば雪の多い時期には雪がクッションになり、爪があまり削れなかったりします。そんな時は、切る間隔をちょっと狭くします。

 

そんな感じで、周りの環境や季節、その子の爪の伸びやすさによっても若干変わってきますが、大体1~2ヶ月を目安に爪の状態をチェックしてあげたらいいかと思います。

放っておくとどうなる?

スポンサーリンク

爪を伸びっぱなしにしていると、グルンと巻きながら伸びて、しまいには肉球に刺さってしまうことがあります。

また、どこかに引っかけて爪が剥がれたり折れたりしてしまう可能性も高くなります。

 

さらに爪には血管神経が通っているんですが、爪が伸びるとこれらも一緒に伸びてしまうんです!

ということは、血を出さずに切れる範囲が狭くなってしまいますよね?血が出やすくなると犬も切られるのをより嫌がるようになります。

実際に病院に来た犬の話

anicoが病院にいた頃の話なんですが、

ある日トイプードルを抱えた飼い主さんがあわててやってきました。

 

anico「どうされましたか?」

飼い主「爪が!血が!あゎゎゎゎ」

 

見てみると足先が血だらけ。

爪が根元のあたりで折れてます(でもまだくっついてる)。

 

oh…(ノД`)

 

見てるだけでこっちまで痛くなる傷でしたが、もうこれは爪をとってしまうしかありませんでした。

(折れた爪をそのままつけておくと傷を刺激し続けるので犬が痛くてツラい。のと、刺激と違和感があって気にして舐めたりして治りが悪くなる)

 

この時はもう少しでとれそうだなって感じの状態だったので、anico気合を入れて

 

ハッ!!!

 

と一気に取りました(鉗子でね)。一瞬なので犬もわけがわからなかったのか、普通にしてました。笑

ただ、神経質な性格だったり、折れ具合によっては簡単な麻酔をかけての処置になることもあります。そうなると、もちろん犬にも負担だし、お財布にも負担ですよ~( ノД`)

まとめ

というわけで、爪切りは必要です!!周りがどんな環境の犬でも。

 

本や映画で爪はぎの拷問とかありますよね?

え?見たことない?

あるんです!そしてもんのすごく痛いからこそ拷問になってるんです!

 

なので、どこかに引っかけて爪が剥がれてもんのすごく痛い思いをさせないためにも、日頃から爪のケアをしてあげてくださいねッ!(最後に変な例えを出してすみません^^;てへ)

スポンサーリンク

ブログランキングに参加中です

クリックしていただけるととっっても励みになります!

 にほんブログ村 その他ペットブログ 動物・ペット全般へ 

ペットや獣医師について知りたい方は『いいね=Like Page』を押して最新情報をご覧ください!

コメントは受け付けていません。