犬の下痢が治らない?転院してきた犬が治った方法とは?

かわいいワンコがお家にいると、

毎日ニコニコ幸せな気持ちになれちゃいますよねッ^^

 

でも、そんなかわいいワンコについての悩みどころは

お腹を壊しがち

なところ。

 

病院も2、3軒まわってみたけど…

いろいろ検査もしてみたけど…

 

これという決定打がないッ( ノД`)

 

結局、

 

食事が合わないのかも?

ストレスかな?

もともと胃腸が弱いのかも?

 

と言われ、

 

要は原因不明!

 

なすすべはないの?

 

とお困りでしょうね。

 

下痢をしているワンコを見るあなたもツラいし、当然本人もツラいでしょう。

 

今回は、そんなワンコの原因不明の下痢に効果があった治療法をお話させていただきますね!

 

※ただし最初にお断りさせていただきます!これはちゃんと病院で検査をして治療を受けたものの治らず、おそらく食事かストレスか体質あたりだろうというワンコは元気だけど下痢の原因は不明という場合に限って参考にしていただくものです!長期の下痢だけど検査はまだしていないという場合はまず病院に行ってくださいね^^

スポンサーリンク

下痢を治した治療法

簡単にまとめると、以下のような方法で治りました。

  1.  24時間絶食
  2.  おからを混ぜた処方食を少量から開始
  3.  3~4日かけて通常量に戻していく

……

これで!?

 

とお思いでしょうが、これで!!です。笑

 

 

意外でしょうが、おからは便秘にも効くんですが、経験的に下痢にもかなり効くんですよね。

 

 

おからでお腹が治る子、けっこういます!

 

 

では、順を追って説明していきますね^^

絶食について

例えば1日2食を朝と夕方に食べているなら、

 

朝ごはんはあげて夕ごはんは抜く。

そして次の日の朝ごはんからまたあげる。

 

もしくは

 

夕ごはんはあげて次の日の朝ごはんは抜く。

そして夕方からまたあげる。

 

という感じになります。

 

つまり24時間絶食というのは、1食抜けばいいということです!

 

お水は飲ませてあげても大丈夫ですよ^^

(ガブガブ飲み過ぎない程度に!)

おからについて

スポンサーリンク

おからは生ではなく乾煎り(からいり)したものをあげてくださいね。

 

やり方は、

 

フライパンでおからをサラサラになるまで炒る!

 

油はしかないでくださいね^^

 

そしてあげる量なんですが、

超小型犬 : ティースプーン1杯

小型犬 : 小さじ1杯

中型犬 : 中さじ1杯

大型犬 : 大さじ1~2杯

と、1日大体これくらいを目安にあげてください。

 

そして炒ったおからは冷凍保存しておくと便利ですよ^^

料理にも使えますしね!(人間用ですよ。笑)

 

注意事項として、

おからは生でなく必ず炒る
大豆アレルギーのある子には与えない
 
特にアレルギーには注意し、初めてあげる場合は様子をよく見て、なるべくワンコの近くにいるようにしてあげてくださいね!

処方食について

処方食は、ロイヤルカナン低分子プロテイン(ドライ)になります。

 

おそらくいろいろ病院をまわられたなら、もしかしたら一度は処方されているかもしれませんね。

 

通販もありますが、初めての場合は食事の仕方も説明してもらえるので、病院で処方してもらうのが安心かなと思います。

ごはんのあげ方

絶食後は少量から始めます!

 

おからはそのまま食べるようならそのままでもいいし、パサパサして食べにくそうならふやかしたフードに混ぜてあげてもいいでしょう。

 

最初の2日くらいは水でふやかしたやわらかいフードをあげてくださいね。

そして徐々に正規の量にもっていってください^^

犬のその後

1週間くらいして、飼い主さんから

 

治りました!!!

 

の嬉しい連絡が^^

本当によかったです!おめでとうございます^^

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

「元気はすごくあるけど下痢をしちゃう」

 

「病院に行ったけど原因がわからない」

 

という場合は、参考にされてみてくださいね。

 

おからをあげる場合はアレルギーの有無など必ず確認してからお願いします^^

スポンサーリンク

ブログランキングに参加中です

クリックしていただけるととっっても励みになります!

 にほんブログ村 その他ペットブログ 動物・ペット全般へ 

ペットや獣医師について知りたい方は『いいね=Like Page』を押して最新情報をご覧ください!

コメントは受け付けていません。