犬の体温39℃は高い?平熱は何度?発熱の原因と対処法は?

いつものようにワンコを抱っこしてると…

 

ん?なんかこの子熱くない?

 

と、いつもと体の熱さが違うことに気づくかもしれません。そんな時、

 

  • そもそも犬の平熱って?
  • これは発熱に入るの?
  • 熱が出てるなら原因は?
  • 私は何をすればいい?

 

といろいろと考えてしまいますよね。

今回はそんな犬の発熱についてお話していきます!

スポンサーリンク

犬の平熱

よく、動物は人間より体温が高いとは言いますよね。

では犬の平熱は何度くらいなのでしょうか?

実は、以下のようになってるんです!

大型犬 : 37.5~38.6℃    平均38.0℃

小型犬 : 38.6~39.2℃    平均38.9℃

大型犬と小型犬ではけっこう違ってるんですよね~大型犬の上限が小型犬の下限って感じでしょうか。

なのでタイトルの39℃をこれに当てはめると、大型犬では熱があるが、小型犬では平熱の範囲内ということになります。

 

しかし!

 

熱って、動物の種類でも違うけど、同じ種内でも年齢によって変わってくるんですよね。いやーややこしい。

 

人を想像していただけたらわかりやすいと思うんですが、人の赤ちゃんは平熱で37℃台っていうのはけっこう普通なんです。でも大人で37℃超えると、微熱、もしくは平熱が35℃台で2℃以上上がってるなら立派(?)な高熱です。

馬でも牛でも豚でも、やっぱり子供の方が体温が高いんですよね~

熱があるって何度から?

これは上記の平熱の数字を参考にすると、おおむね39.5℃以上あれば『熱がある』と言えるかと思います。

ただ、実際には毎日犬の体に触れている飼い主さんの感覚的なものも大きいかと思うので、自分のワンコの平熱が何度くらいなのか、たまに測って知っておくといいでしょう。

 

もし犬の平熱が大体わかっていれば、以下に体温の上がり具合で熱の種類を分けているので、参考にしてみてください。

体温の上昇が・・・

1℃以内   微熱

2℃以内   中熱

2℃以上   高熱

中熱って!?初めて聞いた…って感じですよね^^;

獣医でもあまり使いませんが、とりあえずこの表は、1℃以内なら微熱、2℃以上上がってれば立派な高熱ですよーってことを言いたかったんです。

考えられる原因

スポンサーリンク

それこそ本当にいろんな原因が考えられるんですが、以下のようなものが挙げられます。

 

  1. 高温多湿の環境
  2. 運動直後
  3. 興奮状態
  4. 細菌・ウイルス感染
  5. 腫瘍
  6. 外傷
  7. 熱中症
  8. 甲状腺機能障害
  9. 脳腫瘍

 

と、いろいろあるんですが、それぞれどういった対応をとっていけるのでしょうか?

対処法

1,2,3に関しては生理的なものですね。

1に関しては、例えば涼しい場所に連れて行ってあげる。2と3では、落ち着くまで待ってみる。そして3~4時間くらいおいて再度熱を測ってみる。その時下がっていればやっぱり生理的なものだった!でいいのですが、それでも高熱が続くようでしたら別のことが原因かもしれません。

 

7に関しては、閉めきった車内や屋内で、夏場に起こることが多いです。とりあえずできる処置としては、わきの下やモモの付け根の内側(毛の生えていないつるっとしたところ)を、タオルでくるんだアイスノンや濡れタオルで冷やしてあげたり、それができない場合は水をかけて体温を下げてあげることです。脱水症状を起こしている場合もあるので、水を飲まない場合やぐったりしている場合は、冷やしながら病院に連れて行ってあげてください。

 

あとのものに関しては、血液検査や全身の状態、X線を撮ったりエコーをみたりしながら判断していくものになるので、熱だけでなく他にどんな症状が出てるのか(病歴はあるか、食欲はあるか、下痢はしてないか、頭をよく振る気がする、とか気づいたことは何でも)、飼い主さんのわかる範囲で詳しくまとめて獣医師に伝えてくださいね。

まとめ

  • 犬の平熱は大体38~39℃
  • 平熱は大型犬や小型犬、年齢によっても変わってくる
  • 1℃以内の上昇なら微熱、2℃以上上がれば高熱
  • 生理的な原因:高温多湿の環境、運動直後、興奮状態など
  • その他の原因:細菌・ウイルス感染、腫瘍、外傷、熱中症、甲状腺機能障害、脳腫瘍など
  • 対処法はそれぞれ違うので、それぞれ合ったもので対応
  • ぐったりしているなどいつもと様子が違う場合は早めに病院へ
  • 熱以外の全身症状もチェック

 

初めて熱を測った!とかだと、正常範囲を超えてるかどうかの判断ができない可能性もあります。

わざわざ犬用に体温計を買うのもなぁってことでしたら、毎年狂犬病や混合ワクチンの接種時には体温は必ず測ると思いますので、その時にかかりつけの獣医さんに「何度でした?」って聞いておくだけでもいいかと思いますよ^^

スポンサーリンク

ブログランキングに参加中です

クリックしていただけるととっっても励みになります!

 にほんブログ村 その他ペットブログ 動物・ペット全般へ 

ペットや獣医師について知りたい方は『いいね=Like Page』を押して最新情報をご覧ください!

コメントは受け付けていません。