犬が熱中症に!家ですぐにできる安全な対処法と応急処置

犬の熱中症対策

こんにちは!獣医師のanicoです。

 

GWも半ばになり日増しに暑くなってきましたが、このように気温が高くなってくると増えてくるのが、犬の熱中症です。

 

犬は人間のように全身に汗をかいて体温を下げることができないので、ハアハアと口で息をすることによって熱を下げようとします。が、この呼吸が正常な範囲だったらいいんですが、

 

  • 呼吸がいつもより浅くて早い
  • 口をあけっぱなしでハアハアしてる
  • 熱が高い(40℃以上)
  • ぐったりしてる
  • 嘔吐や痙攣が見られる

 

などの症状が見られたら、熱中症の可能性があるので、すぐに対処が必要です。

スポンサーリンク

犬犬が熱中症になった時の対処法(応急処置)

熱中症の対処法

「犬が熱中症かも!?」という状態になった時は、以下の手順で処置をしていってください。

熱を確認する

熱中症の対策はまず熱を下げることが第一ではあるんですが、【何度くらい上がってるのか?熱は本当にあるのか?】というところをまず最初に確認してください。

 

体温計がある場合は犬のおしりから直腸温度を測り、ない場合や犬が嫌がるときは、耳、肉球、おなか側の足の付け根などを触ってみて、いつもより熱いかどうかを確認してみてください。

(熱がない場合でぐったりしている時はこの先の方法では対処せず、そのまますぐに動物病院に連れて行ってください)

体を冷やす(熱を下げる)

熱中症の対処法

熱がある場合は、すぐに熱を下げる処置に入ります。高熱が続けば続くほど体に与えるダメージは大きくなってくるので、まずは次のようにして体を冷やしていきましょう。

  • 意識があれば水を飲ませる
  • 外であれば、日陰や屋内など涼しい場所に移動する
  • エアコンをつける
  • ぬらしたバスタオルで体をくるむ。
  • ぬれたタオルで体をくるみ、扇風機やドライヤーの冷風で風をあてる(気化熱を利用して体を冷やす)
  • 首・わきの下・内また(足の付け根)に、タオルでくるんだ保冷材や冷たいぬれタオルをあてる

ここで注意してもらいたいのが、以下の2点になります。

まず1つ目が、

全身を冷水につけるなどは、逆効果になってしまう可能性があるので避ける
極端に体を冷やしてしまうと、逆に血管を収縮させてしまい、熱を下げることができなくなってしまいます。
 
2つ目は、
 体温を下げ過ぎないようにする
熱中症でぐったりと弱った体では、体温調節がうまくできません。冷やし過ぎて体温が下がり過ぎないようにこまめに体温チェックをしながら冷やしてあげてくださいね。
 

犬応急処置をした後 

スポンサーリンク

ぐったりとした犬に応急処置をしたあとは、そのまま体を冷やしながら病院に連れて行ってあげてください。

 

一見家で症状が回復したように見えても、あとで症状が進んでしまうこともあるんです。なので、『何もなければそれでいい!でも念のために』という気持ちで、必ず受診させてあげてくださいね!犬もあなたも安心できるはずです^^

犬まとめ

まとめ

関連記事:【必見】獣医師に聞くべき5つの効果的な質問

犬が熱中症にかかったら、

 

  1. 熱を確認する
  2. 体を冷やす
  3. 冷やしながら病院に連れて行く

 

の順番で応急処置をしてあげてくださいね!

まずはとにかく冷やす!ことが大事です。できる限り早く熱を下げてあげましょう^^

 

お読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

ブログランキングに参加中です

クリックしていただけるととっっても励みになります!

 にほんブログ村 その他ペットブログ 動物・ペット全般へ 

ペットや獣医師について知りたい方は『いいね=Like Page』を押して最新情報をご覧ください!

コメントは受け付けていません。