犬の体温の測り方は?平熱は?何度あれば病院に行く?

「何だか今日のワンコ、熱いかも?」

 

自分の場合は熱がありそう!って思ったらすぐに測れますが、犬の場合はどうでしょう?

測…れる?ような測れないような?(笑)

 

というわけで、今回は熱の測り方などについてお話しますね^^

もしかして熱があるかも?と思ったときに正しく熱が測れるように、知識を付けていきましょう!

スポンサーリンク

犬の熱の測り方

通常は体温計をおしりから入れて、直腸温を測ります

 

が、そのまままっすぐ入れるだけではウンチの温度を測ってしまって正確な温度が測れていない可能性もあるので、ただ入れるだけじゃなく直腸にあてるようにして温度を測るんだよ、と私は習いました。ただし、直腸を傷つけてしまう可能性もあるので、自分で家でやる場合はここはそんなに気にしなくていいです!

 

ということでやり方ですが、尻尾を軽く持ち上げ、体温計をおしりから2cmくらいまっすぐ入れ、そのまま音が鳴るまで待ちます。音が鳴ったらゆっくりと引き抜き体温を確認し、先端をアルコール綿などで消毒します。

 

もしおとなしくしてくれない子の場合は、家族など慣れた人に頭側に回ってもらい、片方があやしながら片方が測るといった感じに分担すればいいでしょう。どうしても測らせてくれない子もいると思いますが、その場合は無理せず病院で測ってもらいましょうね。無理やり測ると危ないので!

 

…そして余談ですが、私のいた病院では人間用の体温計(確か普通にオムロンとか)を犬や猫に使っていたんですが、人間も普通に使ってました。仕事中「あれ?熱っぽい?」とか言いながら、みんな測ってるという…

 

そんなこともあります!(笑)

 

ま、家では不衛生なので、人と共用の場合ビニールとかラップかぶせたりして使ってくださいね^^;

何℃が平熱?

以下がワンコの平熱です!

小型犬  :  38.6 ~ 39.2   平均 38.9℃

大型犬  :  37.5 ~ 38.6   平均 38.0℃

最初見たらびっくりしますよね~この数字。熱高っか!!みたいな。

 

そうなんです、こんな感じで犬の平熱は38~39℃くらいと、人と比べてだいぶ高いんですね。だから抱っこするとじんわりあったかいですよね^^

 

さらに大型犬より小型犬、成犬より子犬の方が体温が高い傾向にあります。

犬だけでなく、人間も、牛も、馬も、豚も、大人より子供の方が体温が高いんです^^

病院に行く目安

スポンサーリンク

上記の数字が犬の平熱の目安になるので、大体39.5℃以上の熱があれば病院に行った方がいいんじゃないかなと思います。

 

ただ、これもその子の平熱がどのくらいなのかによって発熱してるのかどうかの判断ができるので、平常時の熱がわかっているとなお良いですね。平熱+2℃以上は高熱と言えるので、受診をお勧めします。

 

ただし、運動した後だったり興奮した状態では体温が上がっている場合もあるので、この辺に心当たりがある時は3~4時間ほど時間を置いてからまた測ってみると、熱が下がっていることもあります。この辺の判断は飼い主さんがされるとは思いますが、大体熱だけあって元気な場合は少し様子を見て、熱が続くようなら病院に行く、などの自分なりの基準を作っておくと迷わなくていいかもしれませんね。

まとめ

  • 犬の体温を測る時は尻尾を軽く持ち上げ、体温計をおしりから2cmくらいまっすぐ入れる
  • 抜くときはゆっくり抜き、体温計はアルコール綿などで消毒する
  • 暴れる場合は絶対に無理やり測らず、病院で測ってもらう
  • 犬の平熱は38~39℃くらい
  • 大型犬より小型犬、成犬より子犬の方が体温が高い
  • 大体39.5℃以上の熱があれば病院に行くのが望ましい
  • 運動や興奮で体温が上がっている可能性もあるので、その場合は数時間程度様子見して再度測る
  • できればmyワンコの平熱は把握しておきたい

 

あれ?熱?いやこれ平熱?と、よくわからない状態を避けるためにも、自分の愛犬の平熱は把握しておきたいところですね^^

スポンサーリンク

ブログランキングに参加中です

クリックしていただけるととっっても励みになります!

 にほんブログ村 その他ペットブログ 動物・ペット全般へ 

ペットや獣医師について知りたい方は『いいね=Like Page』を押して最新情報をご覧ください!

コメントは受け付けていません。