爬虫類の動物病院はなぜ少ない?獣医師がヘビを診察しない理由とは

蛇

こんにちは~^^獣医師のanicoですっ♪

 

さてさて、犬や猫に比べれば少ないものの、世の中には爬虫類や両生類といったいわゆるエキゾチックアニマルをペットにされてる方はたくさんおられますよね^^

 

確かにイグアナやカメレオンなんかはanicoもかわいいな~と思いますし、ひんやり、でも柔らかいお腹なんかは何とも言えずステキな感触です。葉っぱをモッシモッシ食べてるカメなんかも、見てて飽きません(*´▽`*)

 

ただ、爬虫類を飼う際の最大の難点がひとつありますよね?

 

そう、診てくれる動物病院が少ないことです。

 

なんでこんなに少ないの?

と疑問に思われるでしょうが、そこには主に2つの理由があるんです。

スポンサーリンク

 

anico自身も含め、獣医師たちは大学の授業で爬虫類について詳細には学びません。

というか、ほとんど学ぶことないんじゃないでしょうか。

 

大学の授業や教科書は、個人的には

 

メインは

犬!猫!

牛!豚!

 

さらに

鳥!馬!

もういっちょ

ウサギ!山羊・羊!ミツバチ!魚もいっとくかい!?

 

ってイメージなんですよね。

・・・

そう、今の獣医学の授業では、爬虫類はほとんどかすらないんです( 一一)

 

もちろん同じ生物なので生理の応用はできますが、やっぱり詳しく知らないということは、責任もって診れないということで診察されない先生も多いんですね。

 

爬虫類を診察できる動物病院が少ない理由とは?その②

スポンサーリンク

上にあげたように、大学6年間で一番勉強するのは

犬、猫、牛、豚についてです。

 

これはやっぱり伴侶動物として一番多く飼われているのが犬や猫であり、

食べるための産業動物として一番飼育頭数が多い動物が牛や豚だからでしょうね。

 

需要があるからこそ犬や猫の動物病院は多くあり、

逆に言うとまだまだそれに比べて爬虫類の飼育頭数は少ないので病院自体も少ないです。

 

なかなか病院の数が増えないというのも、ビジネスとして考えれば当然かもしれませんね。

 

爬虫類を診察できる獣医師とは?

イグアナ

学校ではほとんど習わない、数が少ないので病院での実習も難しい。

 

そんな爬虫類の診療ですが、でも実際爬虫類専門で動物病院を開かれている先生方はいますよね?

 

こういった先生方は、まず自分で飼育することでその生き物の生態を独学で勉強したり、文献を調べたり学会に参加することで個人的に勉強されてる方たちです。

だって大学で習わないですし(-ω-)仕方ないんです。

 

ただ逆に言うと、こういった方たちは爬虫類が心底好きだからその生態から医療のことまで勉強しているわけで、味方にすると(?)、とっても頼もしい方たちなんですね!

 

好きこそものの上手なれ、みたいな。

(あれ、ちょっと違う?笑)

まとめ

カメレオン

というわけで、爬虫類を診察できる動物病院の数が少ないのは

 

  • 大学で爬虫類について詳細には学ばないから
  • 需要が少ないから
  • 個人的に勉強してまで爬虫類の獣医学を身につけようとする獣医師自体が少ないから

 

という理由があったんですね。

 

とはいえ、やっぱり何かあったときのためのかかりつけ病院は確保しておきたいものです。

 

こちらの記事では、爬虫類を診察できる病院の探し方と、良い獣医師の見つけ方をご紹介していますので、もし良かったら参考にしてくださいね^^

爬虫類の動物病院を探す3つの方法!良い獣医師を見きわめるには?

 

それでは、お読みいただきありがとうございました!

ブログランキングに参加中です

クリックしていただけるととっっても励みになります!

 にほんブログ村 その他ペットブログ 動物・ペット全般へ 

ペットや獣医師について知りたい方は『いいね=Like Page』を押して最新情報をご覧ください!

コメントは受け付けていません。