目がショボショボ…猫にも花粉症?犬や人と症状は違う?

こんにちは~鼻タレ獣医師のanicoですっ♪

 

ええ、鼻タレですとも!

花粉症ですからねっ( ;∀;)ぁゎゎー

 

 

というわけで、前回犬の花粉アレルギーについてお話させていただいたんですが、

「猫も花粉症になるの!?」

というご質問にも答えるべく、今回は猫ちゃんについて、症状や犬との違いについてもお話させていただきますね^^

スポンサーリンク

猫も花粉症になる?

花粉症という病名はありませんが、

花粉を原因としたアレルギー反応

を起こすことはあります。

 

ですが、ここ最近はペットの花粉によるアレルギーもどんどん増えてきているようなので、もしやそろそろ花粉症という呼び方が教科書に載ってくるのでは!?とかふと思ったりしてます^^;

犬や人と症状は同じ?違う?

犬も猫も、人でよく見られる

くしゃみ・鼻水・鼻づまり

というのはあまりなく、どちらかというと

皮膚に症状が現れてくる

ことの方が多いです。

 

…なんですが、さらに犬と猫とを比べてみると、

どちらかというと猫の方が鼻水などの呼吸器症状が出ることが多いです。

 

猫の症状としては、

 

  • 目がショボショボして、涙や目やにがでる
  • 目が腫れぼったくなる
  • くしゃみ
  • 鼻水
  • 体をかゆがる
  • 皮膚が赤くなったり毛が抜けたりする

 

などがあります。

※ただし、こういった症状は花粉によるものだけではない場合も多々あります。発熱や食欲低下も一緒に見られる場合は、いわゆる猫風邪と呼ばれる猫カリシウイルス感染症や猫ウイルス性鼻気管炎、猫ヘルペスウイルス感染症などの疾病も考えられるので、検査と治療が必要になる場合があります。

花粉対策はどうやる?

スポンサーリンク

猫の場合は外猫と家猫がいますが、それぞれの場合について見ていきましょう!

外猫の場合の花粉対策

外猫の場合は、なかなか難しい…というかムリに近いものがありますが^^;

 

  • 外になるべく出さないことが一番

 

なんですが、どうしても外に出なければストレスで花粉よりヤバい!という場合は、

 

  • 家にいる時はこまめに体を濡れタオルなどで拭く
  • 部屋を定期的に掃除し、空気清浄機を置く
家猫の場合の花粉対策
家猫の場合は、特に花粉を室内に持ち込まない・入らないようにするのが大切です。
 
  • 飼い主が花粉を持ち込まないようにする(玄関に入る前に服を手で払ったり、粘着テープでコロコロしたり)
  • 換気などで窓を開ける場合は、花粉の飛散量の少ない時間帯を選ぶ(花粉は正午頃や夕方に多く飛んでいる)
  • 部屋をこまめに掃除し、空気清浄機を置く
  • 猫の体を、濡れ布巾などで毛並みに沿って撫でるように拭いてあげる

まとめ

関連記事:鼻水ズルズル!?犬も花粉症になるの?症状は?

いかがでしたでしょうか?

 

猫の場合は症状の出方が犬と多少違いますが、対策の仕方は大体同じで、

  • 花粉を家に持ち込ませないことだったり
  • 体に付いた花粉を取り除いてあげたり
  • 家に入ってしまった花粉を取り除くことであったり

します。

 

「ん?うちの子またこの時期に目がショボショボしてる?」

 

とか、もし季節性の症状かな?と思われる軽い症状が見られた場合は、上のような対策をとってあげてみてくださいね!

お読みいただきありがとうございました~^^

スポンサーリンク

ブログランキングに参加中です

クリックしていただけるととっっても励みになります!

 にほんブログ村 その他ペットブログ 動物・ペット全般へ 

ペットや獣医師について知りたい方は『いいね=Like Page』を押して最新情報をご覧ください!

コメントは受け付けていません。