鼻水ズルズル!?犬も花粉症になるの?症状は?

こんにちは~!鼻タレ獣医師のanicoですッ♪

 

世間は花粉症シーズン真っ盛り。

anicoも負けじと流行の波に乗っております!

・・・

・・・・・・

おろしてくれ~~~( ;∀;)

 

ってな感じですが、みなさまにおいてはいかがお過ごしでしょうか?

 

 

病院でもよくこの時期は

「犬も花粉症ってなるんですか?」

というご質問をいただくことが多かったです。

 

待合室も、マスクをされた方が多かったですね~

 

今回は、そんなこの時期とっっっても気になるこの疑問について、対策と共に解説していきたいと思います!

スポンサーリンク

犬の花粉症ってあるの?

結論から言うと、

花粉症という病名はない

んですが、

 

花粉は犬にアレルギーを起こすひとつの原因ではあります。

 

 

・・・ややこしいですね^^;

 

例えばほこりやハウスダスト、小麦とかの食べ物なんかでアレルギー反応を起こすことがありますよね。

花粉はその原因のひとつになることもあるんですが、動物の病気ではいわゆる花粉症という名前は付けられていません。

アレルギー(過敏症)のひとつです。

 

なので、花粉症とは言わないけれど、花粉症のようなものは犬にもあるってことで・・・okでしょうか!?

(ややこしーいっ^^;)

犬の花粉による症状は?

いわゆる人の花粉症のような

くしゃみ・鼻水・鼻づまり

といったCMのキャッチコピーのような症状はあまりなく、

どちらかというと体に出る症状の方が多いです。

 

症状としては、

 

  • 体のかゆみ・赤み(特に目や口の周り、耳、わき、足先、おなか)
  • 上記の部分をカリカリ掻いて毛が抜けている
  • フケが多く、ベタつきがでている
  • 体をよく舐めたり噛んだりしてる
  • 下痢をよくするようになった
  • (くしゃみ・鼻水・涙が出ている)

 

などです。

 

なので、

鼻水ズルズルで超ツラい!

というのは人間特有の症状なんですね~

 

※ただし、こういった症状は花粉によるものだけではなく、他の原因(歯周病、異物、ウイルス、細菌感染など)によることもあるので、原因によって根本的な治療が必要な場合もあります。

花粉症のような症状が出る時期は?

スポンサーリンク

実は、花粉は種類は違えどほぼ1年中飛んでいます。

 

代表的なのが、

 

  • スギ 2~4月
  • ヒノキ 4~5月
  • イネ 5~10月
  • ブタクサ 8~11月

 

ということで、冬の時期以外ほぼ何かしら飛散していますね。

 

anico自身、スギもイネも、多分ブタクサも怪しかったりします・・・残念ッ!(←古い)

ペットに関してはブタクサがけっこうメジャーなところかなと思います。

ペットのためにできる花粉症対策!

とにかく犬の体(毛)に花粉を付けないことが大切です!

この点をふまえ、

  • 散歩は花粉のよく飛ぶ時間帯を避け、早朝や夜間などにシフトチェンジ(特に正午頃や夕方は花粉の飛散量が多い)
  • 外出時は服を着せる(なるべくつるつるした生地で。ゴミ袋など大きめのビニールをかぶせるだけでもOK!)
  • 散歩から帰ったら、濡れタオルなどで毛並みに沿って拭いてあげる
  • 部屋をこまめに掃除し、空気清浄器を置く

などの対策をとることで、犬の周りに花粉バリアをはってあげましょうッ!

まとめ

関連記事:目がショボショボ…猫にも花粉症?犬や人と症状は違う?

昔に比べ、人の花粉症って爆発的に増えましたよね~

 

実は、ペットの花粉に対するアレルギーというのも、ここ10年ほどでやはり増えてきてるんです。

このままいくと、そろそろ犬用猫用の花粉対策マスクも出てくるんじゃないかな~…とかふと考えてしまいます。

うーん・・・時代は変わるっ!

 

ということで(笑)、お読みいただきありがとうございました~♪

スポンサーリンク

ブログランキングに参加中です

クリックしていただけるととっっても励みになります!

 にほんブログ村 その他ペットブログ 動物・ペット全般へ 

ペットや獣医師について知りたい方は『いいね=Like Page』を押して最新情報をご覧ください!

コメントは受け付けていません。