狂犬病の症状とは?本当に犬が狂う?猫の場合は違うの?

「狂犬病ってどんな症状がでるの?」

「犬が狂う病気って書くけど、本当に狂うの?」

「猫もかかるみたいだけど、犬とは症状違うの?」

 

と、こんな感じで狂犬病という病気の名前は知ってるけど、症状についてはいまいちよくわからないなぁと感じてるあなたに!

今回はこの辺のことについてわかりやすくお話していこうと思います^^

スポンサーリンク

狂犬病の症状

狂犬病は、感染してから発症するまでの期間(潜伏期間といいます)にけっこう違いがあるんです。

『感染』と『発症』の違いについてはこちらの記事を参考にしてくださいね)

 

潜伏期間は1週間から1年以上と、犬によってもんのすごく差があるんですが、大体1ヶ月くらいと考えていいと思います。

 

そこから初期症状に入るのですが、これを前駆期というんですね。

前駆期には、食欲がなくなる、暗がりに隠れる、飼い主に反抗する、発熱、憂鬱、といろんな挙動異常が現れてくるんですが、これが1~3日くらい見られます。

 

それからその次の段階に入るんですが、これは2種類あるんですね。ひとつは狂騒型(きょうそうがた)といって攻撃性の強いタイプなんですが、発症動物のほとんど(80~85%)はこのタイプです。で、もう一つは麻痺型(まひがた)といって名前のとおり麻痺状態が続くタイプなんですが、これは犬というよりにわりと多い型なんです。

この狂躁型ではその名のとおり狂騒状態になり、顔つきが険悪、流涎、興奮して何でもかんでも咬む、異̪嗜(石とか枝とか土とかを食べちゃう)、光や音に過敏になる、しゃがれ声になる、痙攣、などいろんな異常行動が見られます。これが1~7日みられるんですが、ここで痙攣発作の時に死んでしまう犬もいます。

 

そして最後に歩行困難、下顎下垂(アゴが閉じない)による栄養失調と脱水、意識不明、などの麻痺状態を1~3日経過して死亡します。

 

という感じで、発症するとほぼ100%死にます!

狂うとは?

スポンサーリンク

上に書いたように、狂犬病に発症すると狂躁型では犬は狂ったように咬みついたり攻撃的になります。

敵も味方もわからないバーサーカー状態ですね。

この状態の時に咬傷事故が頻発するんです。もう飼い主も判別不能な状態になっちゃうんですね…飼い主も犬もかわいそうです。

 

そしてちょっと難しい話になりますが、狂犬病ウイルスはラブドウイルス科リッサウイルス属というところに分類されるウイルスなんです。ラブドはギリシャ語で『rhabdos(棒)』を意味し、リッサはギリシャ語で『rage(怒り狂う)』を意味します。

ラブドウイルスは弾丸状の形をしていて、ちょうど楕円形を半分にしたような形です。この弾丸状のウイルスが体内に入り込んで、犬を怒り狂ったような状態にしてしまうんですね。

 

つまり『狂犬病』の『狂う』の字は、発症犬の状態と、ウイルス自体の持つ意味、どちらの意味も入ってるってことですね。

猫の症状

症状は犬とほぼ同じです!

猫の方が攻撃性が見られる個体が多いかも?とも言われてますが、ほとんど同じと考えて良さそうです。

簡単にまとめると!

狂犬病を発症すると・・・

前駆期(1~3日)

だるいーごはんいらんー咬まれたとこムズムズするー

なんか暗がりに隠れてたいわ……ちょ、飼い主さん触らんといて!

狂騒期(1~7日)

誰やあんた!なんかようわからんが誰でも何でも咬みつくで!石だか土だか知らんが何でも食うで!!

咬まれたとこめちゃかゆいしなんやノドのあたりの感覚なくなってくるからよだれ飲み込めんし風や光が超絶不愉快や!!

クソッ!わけわからん!わけわからん!!!

麻痺状態(1~3日)

(アゴ閉じれん……歩けん……ごはん食べれん……水も飲めん……体動かん……

ほんま……わけわからんわ…………………………)

 

と簡単にいうとこのような経過をたどり、最終的にはほぼ100%死亡します。悲しいです。

さいごに

狂犬病は毎年約5万人が亡くなる原因になっている恐ろしい病気なんです。

……なんですが、日本では60年くらい発生してませんよね。

なので、多くの日本人はもちろん、獣医師の中にも危機感を持ってない人もいます。

水際対策(海外からウイルスが入ってこれないようにするシステム。検疫所が一定期間預かって狂犬病にかかってないか確認したり、ワクチンを指定したり)とワクチン接種の義務化。こういった対策をすることで現在日本は清浄国でいられるので、システムづくりや撲滅に尽力を注いでくださった先人たちには感謝してもしきれませんね。

これからも100年200年と清浄国であるために、毎年ただワクチンを受けるだけでなく、飼い主の一人一人がどんな病気か知って、ワクチン接種の効果と意味を理解しておくことも大事じゃないかなと思います^^

スポンサーリンク

ブログランキングに参加中です

クリックしていただけるととっっても励みになります!

 にほんブログ村 その他ペットブログ 動物・ペット全般へ 

ペットや獣医師について知りたい方は『いいね=Like Page』を押して最新情報をご覧ください!

コメントは受け付けていません。