天才!志村どうぶつ園で相葉雅紀くんも苦戦?毛玉だらけの迷い犬

天才!志村どうぶつ園

こんにちは^^獣医師のanicoです。

 

2018年6月23日に放送された日本テレビ【天才!志村どうぶつ園】で相葉くんがレスキューした、半年以上放置された状態の迷い犬。

 

 

「(こんな見た目の子は)はじめて見る感じ」とトリミングサロンの方もびっくりの毛玉だらけでモサモサな見た目の犬でしたが、またもや救世主・相葉くんが、腕をあげたトリミングの技術で生まれ変わらせます!

スポンサーリンク

犬迷い犬の犬種はワイアー・フォックス・テリア

ワイアーフォックステリア
Wikipediaより

ワイアー・フォックス・テリアとは、写真のようにクルクルとした細かい巻き毛の中型犬です。

 

ピコピコ動く短いしっぽ、三角に折れたタレ耳、長い顔にモサッとしたヒゲが特徴のかわいい子です^^

犬相葉くんも苦戦!ワイアー・フォックス・テリアの性格とは?

見た目はとってもキュートな犬なんですが、もともとはキツネを狩ることを目的として品種改良されてきた犬種

 

その性格は、

 

  • 喧嘩っ早い
  • 気が強い
  • 頑固

 

とも言われており、あまり初心者向けではなさそうです。

(まあ、よく言えば積極的で芯がある性格といったところでしょうか^^;)

 

今回の放送中にも、こうした犬種自体のもつ性質に相葉くんが手を焼く場面が見られました。

犬迷い犬の全身の状態

ワイアー・フォックス・テリアの写真と迷い犬を比較して、相葉くんがひとこと。

 

 

「全っ然ちがう!!」

 

 

そう、保護されて以降まったく手入れがされていなかった犬は、くしが通らないほど毛玉ができて、全部がもつれて絡まってる状態。

目にもかぶさり、前が見えない状態になっていました。

 

 

anicoもよく毛玉だらけの保護犬をみてきましたが、特にこういった毛質の犬種はブラッシングを怠るとどんどん毛玉を作ってしまい、皮膚に炎症を起こしてしまう原因にもなります。

それに毛玉を触ると皮膚が引っ張られて痛いので、体を触られるのを嫌がる子もいました。

 

番組内でもトリマーさんが「毛玉をほぐそうと思うとかなり痛い」と言っていたので、今回は早く痛みから解放するためにもバリカンを使って毛を刈っていくことになりました。

犬バリカン前に相葉くんがしたこと

キツネ

もともとキツネ狩りで活躍していたこの犬種。その役割を果たすためか、慎重で神経質な一面を持ってます。

 

そんな性質をもつ犬にいきなりバリカンをあてるときっとこわがるだろうと思い、相葉くんがまず犬にしてあげたことは、バリカンを見せ、音を聞かせること。

 

 

「こわくない、こわくない」

 

 

と犬を落ち着かせながら、バリカンを目で見せ、耳元で音を聞かせる。さすがです!優しさ一番!←?

 

 

さらに、バリカンをあてていくのは背中から。

その理由は、背中はまっすぐで刈りやすいということと、顔やしっぽなんかと比べると恐怖を感じにくい場所だからです。

 

「(毛玉がびっしりで)刃が入っていかない…」

 

と苦戦しながらも、「すぐ痛いのとってあげるからね~」と優しい言葉をかけながらバリカンを進めていく相葉くんでした(*´▽`*)

犬バリカン中に犬がまったく暴れなかった理由とは?

犬はバリカン中、最初から最後までじっとしていて、見た感じ暴れる気配はまったくありませんでした。

 

トリマーさんいわく、それは相葉くんの犬を触る手がすごく優しいから。

 

  • 体をつかむ手に力が入っておらず
  • 犬が体を痛がらない
  • だから犬が安心して体を預けられる

 

ということだそうです。

 

柔らかい皮膚を巻き込まないようにと、終始左手を添えながら丁寧に毛を刈っていってました。

犬「家の中で飼われてたんだろうな…」と相葉くんがつぶやいたワケ

それはカットの最終段階、ノドの毛を刈ってる時のことでした。

 

「ノドの毛玉すごい!」

「これはすごいっすよ、毛玉がいっぱい」

「ごめんね、すぐだからね」

 

と大量の毛玉に苦戦しながらもバリカンを進めていく相葉くん。

 

 

でも、ふとあることに気が付きます。

 

 

それは、こんなに毛玉はあるのに皮膚はキレイだということ。

 

 

外で生活していた野良犬だったら土埃なんかでもっと汚れていてもおかしくないけど、この犬は毛玉はあるものの皮膚自体はきれい。

ということは室内で飼われていた可能性が大ということです。

 

相葉くんも、そんなことを思っての一言だったのかもしれませんね。

 

そもそもこの犬は、最初は千葉県の動物愛護センターに保護されていたけど、飼い主が名乗りを上げないまま半年が経ったということだそうです。

と、いうことは、迷い犬というよりはもはや捨て犬といった方がいいのかもしれませんね。

犬相葉くんに「今までで一番大変」と言わせた犬の行動とは?

スポンサーリンク

「カッパみたいになったらかわいそう」

 

と言いながらも、やっぱり毛玉が残った状態をいったん全部なくしてあげないといけないので、犬に謝りながらも頭の毛をバリバリ刈り、ついにシャワーの段階へ!

 

が、ここでついに、ワイアー・フォックス・テリアの頑固さが出動(-“-)

 

「今までで一番大変かも」と相葉くんに言わせてしまうくらいの嫌がりよう!

何とかして浴槽から出ようとします(-“-)

 

前回のミニチュアダックスフントの子はカットもシャンプーもとってもおとなしかったんですけどねぇ(;´∀`)

天才!志村どうぶつ園
天才!志村どうぶつ園で相葉雅紀くんも絶句!顔が歪んだ犬!?
こんにちは!獣医師のanicoです。 2018年6月16日に放送された日本テレビ【天才!志村どうぶつ園】で、またもや悲惨な状態の犬を相葉くんがきれいにトリミングしてあげるとい
2018-06-17 14:27

 

 

・・・

が、ここで相葉くんあることに気づきます。

 

それは、犬は全身が浴槽に入った状態が嫌なんじゃないかということ。

逆に言うと、半身だけならけっこう大丈夫そうです。

 

そこに気づいた相葉くん、その後は犬が浴槽の外に半分体を出した状態で、そこに自分の身体を密着させて支えながらゴシゴシと洗い始めました。

 

シャンプーが体の油で弾かれ、泡立ちもかなり悪いようでしたが、丁寧に根気よくモシモシと洗ってあげてました。

犬今回新たに獲得したトリミング技術!

今回初めてトリマーさんに伝授してもらった裏技が、

 

シャワーヘッドをタオルでくるむ

 

というワザ。

 

シャワーの音や水の当たりが嫌な子もいるので、その場合はこの方法でシャワーの音といきおいを減らし、なでるように流すといいそうです。

ということで、顔はその方法で、体は普通のシャワーに戻して洗い流してました。

(でも、その間もやっぱり外に出ようとしてました^^;ホントシャワーが嫌いなんですね)

犬最後の懸念

ドライヤー

最後はドライヤー!

 

なんですが、ここで相葉くん一つ心配なことが。

 

それは、水の音を嫌がったので、ドライヤーの音も嫌がるんじゃないか?ということ。

 

そこでまずドライヤーの音を聞かせてみると、犬は「ん?」といった感じで首をかしげていました(←めっちゃかわいかった)が、特にパニックになる様子はなさそう。

 

さらに風を当ててみてもそんなに嫌がるそぶりは見せなかったので、それじゃあということでどんどん乾かしていってました(*´▽`*)

 

乾いた後にまたデコボコになった毛をキレイに整えていってましたが、毛玉も汚れもないからバリカンの刃も通りやすいようで、きれいに刈って最後にハサミで仕上げてました^^

犬犬の今後

番組では最後におやつをもらって喜んでましたが、もうホント最初とは見違えるほどきれいなワンコになってました!

 

見てるこっちまで「よかったねぇ(ノД`)・゜・。」となるほどの変わりよう。今回も、さすがでした。

 

キレイになってすっきりした犬にとって、これは新たな飼い主と出会う第一歩!

こんなにきれいにしてもらったことですし、次こそきっといい飼い主に巡り合えることでしょう^^というか、絶対に幸せにしてあげて欲しいですね!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

ブログランキングに参加中です

クリックしていただけるととっっても励みになります!

 にほんブログ村 その他ペットブログ 動物・ペット全般へ 

ペットや獣医師について知りたい方は『いいね=Like Page』を押して最新情報をご覧ください!

コメントは受け付けていません。