相葉雅紀のトリミングはやらせ?毛の多い犬へのドライヤーの効果は?

天才!志村どうぶつ園

どうも、獣医師のanicoです!

 

2018年8月4日に放送された日本テレビ【天才!志村どうぶつ園】で今回相葉くんがレスキューしたのは、東日本大震災で福島県飯館村に取り残され、飼い主を7年間待ち続ける犬。

 

のっけから切なすぎる経歴を持つ犬が登場したわけですが、7年間飼い主を待ち続けている、つまり少なくとも7年間はシャンプーをしてこなかった犬を、相葉くんはどう生まれ変わらせたのでしょうか?

 

「相葉くんのその素晴らしすぎるプロ級の思考、やらせなんじゃないの?」

 

そう思ってしまうのも、仕方ないかも!?

Sponsored Link

犬今回トリミングされた犬はどんな犬?

クマ

おおっ!熊!

 

ということで、今回相葉くんにレスキューされたのは、モッサモサの黒い剛毛が体中をおおう大型の雑種、クゥちゃん。

 

クマみたいな外見ながらもものすごく性格のいい犬で、近づいてくる相葉くんに対し、初対面にも関わらずシッポを振りまくってました!

 

でもホント、真っ黒でモッサモサで大きいので、「クマ」から付けられた「クゥちゃん」なのかな?と思ってしまいます。

 

犬7年間どうやって生活してきたの?

さてそのクゥちゃんをはじめ、福島県飯館村に取り残された犬たちですが、現在はお世話が必要な犬は50匹ほど。そのすべてをボランティアの方々が管理されてるとのことでした。

 

飯館村は東日本大震災の際に避難区域に指定されてましたが、去年解除となりました。

 

ですがもちろん、すべての住民がそこに戻られたわけではなく、今なお取り残されているペットが多数いるのが現状です。

 

飼い主が戻ってくるのを信じ、ノーリードにも関わらず毎日同じ場所にいる犬もいました。

 

犬なんで一緒に避難所に連れていかなかったの?

正確には、「連れていかなかった」ではなく、「連れていけなかった」んです。

 

2018年7月に起きた西日本豪雨や、2016年4月に起きた熊本地震などの災害では、避難所にペットを連れて逃げてくる、そしてその後避難所で一緒に生活をするということも、課題はたくさんあるものの基本的には可能になりました。

 

ですが、東日本大震災の時にはそこまで整備がされていませんでした。

 

ペットを飼われていた方々は、その子たちを泣く泣く家に残して避難所で生活をするということを選択せざるを得ませんでした。

 

そういった事情から、震災から7年経つ今でもすべての犬は飼い主の元に戻ってはおらず、ボランティアの方々が皿洗いから散歩まで、お世話を続けておられるわけなんです。

 

犬相葉くんが触っただけで見抜いた犬の問題点とは

モップ犬

ではクゥちゃんの話に戻りましょう。

 

まずはトリミングの前に相葉くんがモサモサのクゥちゃんの体をワシワシと確認するように触ります。

 

すると・・・

 

 

 

「根元の方が絡まってるかも・・・(クゥちゃん)黒いから熱を吸収しちゃってる」

 

 

なんと相葉くん、クゥちゃんを触っただけで、その体をおおう毛の問題点を見抜いてました!

 

相葉くんの指摘どおり、クゥちゃんの毛は長年にわたりブラッシングをしていなかったために大量の毛玉を作り、さらにその毛玉どうしが絡まって体の表面に層を作ってしまっていたのです。

また毛色が黒いこともあり体に熱を吸収しやすく、毛玉の層の部分からなかなか熱が逃げない状態が作られてました。

 

これはいつ皮膚病になってもおかしくない危険な皮膚環境であり、さらには常時外にいるくぅちゃんの身を考えれば、この暑い夏の日差しの中熱が逃げにくい毛玉をまとっているということは、熱中症にかかりやすくなるなど命に関わる状態とも言えました。

 

犬トリミング施設がない!?シャンプーはどこでする?

トリミング

そんな状態のクゥちゃんをレスキューすべく、今回も相葉くんによるトリミングが行われるわけですが・・・

 

わけですが・・・

 

なんと現在飯館村にはトリミング施設がない!!

 

 

え、じゃあトリミングできないじゃん・・・

・・・

・・・・・・

と思ったところに、颯爽と現れました!

 

 

この日のために、トリミングカー!!!

 

 

この移動式ペットサロン、北海道や長野、石川などなど、全国様々な場所で活躍しているとのことで、特にご高齢だったり妊娠されてる方に好評なサービスだそうです^^

 

さて、そんなトリミングカーにクゥちゃんが乗り込み、早速トリミング台にのぼってもらいました!

(実際は大人の男性2人がかりで苦労しながら持ち上げてたんですが^^;クゥちゃん大きいものね)

 

犬相葉くんが最初に手に取ったのは・・・ドライヤー!?毛は濡れてないのに何の効果が?

Sponsored Link

さて、そんなクゥちゃんを前にし、相葉くんがまず手に取ったのは・・・

 

ドライヤー!?

 

まだ毛も濡れてないのになんで??と思うでしょうが、その理由を相葉くんが説明します!

 

 

「もし(根元の毛玉を含めて)毛を短く刈っちゃうとこの直射日光で皮膚がやられちゃう」

 

 

そう、だから、ドライヤーの風量で毛玉を根元から浮かして表面に持ち上げ、その浮かした毛玉を刈りとり、毛を短くし過ぎない、という戦法なんです!

 

 

室内犬なら短めのサマーカットでも全然大丈夫なんですが、クゥちゃんの場合は室外犬。

毛を短くしすぎたら、日光をさえぎり皮膚を守るものがなくなってしまう、ということを相葉くんは心配したんです。

 

・・・いやもうなんか、本当に頭が下がりますよね(;´∀`)

本業はアイドルであり歌手である彼が、番組の企画とは言えこんなにも動物のことを思ってくれてるだなんて、素敵すぎです。

 

こんな素敵な人にトリミングされる子たちは、絶対これから幸せになれるはずです!

 

 

・・・と、いうわけで相葉くん、熱中症になりやしないかとこちらが心配になるくらいめっっちゃ汗だくになりながら、根気強くクゥちゃんに風をあて続け、毛玉を浮かせていってました。

(その間も「クゥちゃん大丈夫?」と犬の体に常に気を配るという優しさの洪水であふれかえってました)

 

犬7年ぶりのシャンプー。相葉「モップかな?」

さて、ドライヤーで毛玉を浮かせた後は、ついにシャンプー!

 

7年ぶりのシャンプーは、一体どんなことになったのでしょうか!?

 

犬シャンプー1回目

モップ

「今日暑いんで(お湯)冷ためで」

 

とやはりどこまでもクゥちゃんに気を配る相葉くん。

 

一方シャンプーの具合はというと・・・

 

 

「剛毛すぎて指が全然入ってかない」

「大型犬だから洗う分量が多い!」

「(脂のせいで)シャンプーが浸透しちゃう。全然泡立たない」

「犬を洗ってる感じがしない。モップ・・・」

「きれいになるかな一回で?・・・一回じゃ無理ですね」

 

となかなか苦戦されてました。

やはり7年分の汚れはそうそう簡単にはきれいにならないようです。

 

犬シャンプー2回目

「ニオイだけはめちゃくちゃいいニオイ!」

 

と笑いながら言ってましたが、脂分が強いせいで、やっぱり泡立ちは良くない様子。

 

3回目、突入必至のようです(;´∀`)

 

犬シャンプー3回目

確実に泡立ちは良くなってるけど、首周辺は全く泡立ってません。

 

相葉「もう一回いきますか!」

 

犬シャンプー4回目

4回目にして、ついに泡立つようになってきました!

 

実は相葉くん、クゥちゃんが嫌がらないようにと、顔は一回で済ませてあげようと思っていたようで、4回目にしてついにお顔にテコ入れです!

 

「顔いくよ~」と優しく声をかけ、いざ洗顔。

 

なんと顔は一回で泡立ち、見事きれいにすることができました!

 

「こわくない?気持ちいいね。クゥちゃんは何でそんなにえらいの?」

 

と声をかけながら、泡だった頭の毛をツノにしてみたり(笑)と顔の泡立ちを喜びながらなんとかシャンプー成功です!

 

あとは、前回のトリミングで学んだ「シャワーヘッドをタオルでくるんで水圧をやわらげる」という技を使いながら、クゥちゃんの全身を優しく流してあげます。

天才!志村どうぶつ園
天才!志村どうぶつ園で相葉雅紀くんも苦戦?毛玉だらけの迷い犬
こんにちは^^獣医師のanicoです。 2018年6月23日に放送された日本テレビ【天才!志村どうぶつ園】で相葉くんがレスキューした、半年以上放置された状態の迷い犬。
2018-06-24 01:45

 

犬毛の乾きは意外といい?

ドライヤー

と、ここまでシャンプーになんと1時間もかかってしまいましたが、剛毛のわりに毛の乾きは意外に良く、

 

「僕の毛より全然乾きいいかも(笑)」

 

と笑いながら、毛が舞い散る中せっせと乾かしてあげてました。

 

犬最後の難関に、相葉「ハンパねぇなこれ!」

ようやくきました、最後のカット!

 

なるべく毛の長さを残してあげるために、バリカンのアタッチメント(刈る毛の長さを決める刃の部分)を13mmに取りかえます。

 

しかし、ハンパなく剛毛ハンパなく毛量の多いクゥちゃんのハンパないモサモサの毛に、

 

「ハンパねぇなこれ!」

 

と苦戦。

 

なんとか2人がかりでバリバリと毛を刈り続け、トリミング開始から2時間。

 

足元には大量の黒い毛。

 

相葉くん、思わず自分の口元にその毛を持っていき「ヒゲ」にしてみたりしてましたが(笑)、ついに完了!

 

「まったく違う犬じゃん!クゥちゃんがんばったよ!」

 

とがんばった相葉くんががんばったクゥちゃんをほめてあげてました^^

 

ビフォーアフターは確かに全然違う犬で、クゥちゃん、最初のモサモサ犬とは打って変わって、スッキリとしたフォルムになってました!

 

犬おわりに

トリミングされた犬たち

クゥちゃん、最初より断然涼しそうで、本当にきれいなスタイルに仕上げてもらってました!

 

相葉くんにカットしてもらった体でこの猛暑を乗り切り、飼い主と再会できる日を迎えられたらいいですね。

 

毎回思いますが、相葉くんの技術もさることながら、彼の犬の扱い方には本当に優しさがあふれてます。

企画の流れ自体は普通に大体決めてあるんでしょうが、トリミングの技術とこの優しさはやらせじゃでません(笑)

 

彼の技術と知名度をもって、世の中から不幸な犬が1匹でも少なくなれば嬉しいですし、相葉くんもきっとそう思いながらお仕事をされてるんだと思います^^

 

次はどんな子をレスキューするんでしょうか?

次回が楽しみですね!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsored Link

ブログランキングに参加中です

クリックしていただけるととっっても励みになります!

 にほんブログ村 その他ペットブログ 動物・ペット全般へ 

ペットや獣医師について知りたい方は『いいね=Like Page』を押して最新情報をご覧ください!

コメントは受け付けていません。