飼い猫のトキソプラズマ検査は必要?不要な場合の注意点とは?

悩む女性

こんにちは~獣医師のanicoですっ♪

 

今回のお題は、ズバリ「飼い猫のトキソプラズマ検査は必要か?」ということなんですが……

 

 

あなたにもし妊娠の予定があったり、実際妊娠中だと、飼い猫のトキソプラズマ検査って受けた方がいいのかどうか悩みませんか?

 

anicoも実際、動物病院にいた頃やプライベートで、妊婦さんやそのご家族の方から

「うちの猫のトキソプラズマ検査ってした方がいい?」

とたまに聞かれることがありました!

 

みなさんやっぱり、妊娠というめでたいながらもデリケートな状態の中にいるので、少しでも赤ちゃんへのリスクがあれば知っておきたい!って方が多いですね^^

 

 

ただ、検査するにも

 

  • 手間(時間)がかかる
  • 費用がかかる
  • 猫を病院に連れて行くのが一苦労
  • 猫が病院嫌いでストレスになるのがかわいそう
  • つわりでなかなか体が動かない
  • そもそも感染の可能性が低いなら受けたくない

 

と、いろんな事情があると思います。

 

そこで今回は、

 

  • 完全室内飼いの場合、検査は必要?
  • 逆に、外飼いの場合はどうしたらいい?
  • 不要の場合の今後の注意点は?

 

というところについて重点的にお話させていただきますね!

スポンサーリンク

家猫の場合、トキソプラズマ検査は必要?

家猫

関連記事:全人類の1/3以上が感染!?猫がカギとなる病気の正体とは

まず簡単に言って、トキソプラズマの感染経路としては

  1. 猫のウンチが口に入る
  2. 感染動物の肉を食べる

と大きくこの2つがあります。

 

なので猫がトキソプラズマに感染する機会としては、

 

  • ネズミなどの感染動物を捕食する
  • 生肉をエサとしてもらっている
  • 多頭飼いなどで他の感染猫のウンチが身近にある
  • 外の土や砂場(野良猫が糞をしているかもしれない)にふれる機会がある

 

などがあるんです。

これ、見ていただいたらわかるかと思うんですが、やっぱり室内飼いに比べて外猫の方が感染の機会はグンと増えますよね^^;

 

でも逆に言うと、この機会を作らなければ感染することはほとんどない!ということなんですよ^^

 

なので、

トキソプラズマ検査が必要ない猫とは・・・

  • 完全室内飼い
  • ごはんは猫用フードのみ
  • 拾ったばかりでない(飼い始めて数か月以上経っている)
  • 単独もしくは2匹程度の少数飼育
  • 妊婦自身が妊娠前から陽性

ということが言えますね。

 

これは、仮に猫が

  • 陰性の場合、感染する機会を与えなければそのままずっと陰性のまま
  • 陽性の場合、抗体があるので再感染の可能性はかなり低くなり、さらに感染の機会を与えなければより確実に再感染はしない

であり、さらに妊婦が

  • 妊娠前から陽性の場合、抗体ができているので感染の心配はない

ということですね^^

 

(ただ、もし家でネズミを捕ったりできる場合は感染の機会があるのでご注意ください!)

 

で、ですね。

ここで注意してもらいたいのが、陽性だから危ないんじゃなくて、陽性だから再感染の可能性がほぼなくてむしろ安心ということです。ややこしいですが、ぜひ間違わないようにお願いします!

外猫の場合のトキソプラズマ検査はどうなる?

スポンサーリンク

さてさて、完全室内飼いの場合はあまり神経質にならなくていいということはわかっていただけましたでしょうか?

 

では次に、逆に外猫の場合はどうするのか?というところなんですが、感染の機会がかなり多いので検査不要とは言えません。

 

この場合、もし検査をして陽性の場合は、すでに感染していて抗体があるということなので、妊婦さんはひとまず安心できます^^

 

ただもし陰性の場合、外猫の場合は常に感染の機会があるわけなので、残念ながら今後も安心はできません。

一番いいのは室内飼いに切り替えて、2週間後に再検査で陰性を確認することですね。ただ、やはりその間は感染したてで陰性と出ている可能性もあるわけなので、猫のトイレそうじは別の人にやってもらうか、もしかしたら感染しているかもしれない!という気持ちで必ず手袋をして処理するなど、かなり気を配る毎日になるかと思います。

トキソプラズマ検査が不要の場合の今後の注意点とは?

気を付けるべき注意点

完全室内飼いの場合はほぼ感染の機会はないと考えられるので、検査は不要と考えていいと思います^^

ただ、今後の注意点として、

猫側

  • 猫を外に出さない
  • 猫に生肉を与えない

人側

  • ウンチは24時間以内に片づける
  • ウンチ処理はできれば妊婦さん以外にしてもらい、妊婦さんがやるときには手袋をする
  • ガーデニングなど土いじりをする時は手袋をする(猫がウンチしてるかも)
  • 野菜や果物は食べる前によく洗う(猫のウンチが畑にあったかも)
  • 食事前や支度前には、手洗いをする(猫のウンチが手についてるかも)
  • 井戸水(生水)は飲まない(猫のウンチが混入してるかも)
  • 作り置きしたおかずにはラップをしておく(猫のウンチに止まったハエがおかずに止まるかも)
  • 豚肉などお肉は必ず火を通して食べる
  • 野良猫を拾ってこない

といったところを注意して行って欲しいなと思います!

 

いっぱいある・・・

 

とか思われたかもしれませんが、要は

 

  1. 猫は完全室内飼育
  2. 猫のウンチはすぐ片づける
  3. 生肉は食べない&与えない

 

とこの基本の3点を覚えていていただけたらと思います^^

まとめ

関連記事:妊婦と猫は同居できる?妊娠中に安全に生活するための注意点とは

いかがでしたでしょうか?

今現在猫を室内で飼ってる方は、猫のトキソプラズマ検査まではあまり必要なさそうですね!

 

もし生肉をあげてたり、ちょいちょい外に出してる・・・という方は、完全室内飼いに切り替えたり、猫用フードのみにした方が無難かと思います^^

 

 

ただ、実際トキソプラズマは猫というよりも肉から感染する方が多いんですよね。

なので最後にこんなこと言ってなんですが、個人的には猫よりも生肉の方に注意をしていただいた方がいいですよ~と思いますし、そう回答してました^^;

猫は言われるほど悪者ではないんですよ。

 

でも、どちらにせよ上に書いた点を注意して生活していただけたら十分かなと思います^^

 

ではでは、お読みいただきありがとうございました~!

ブログランキングに参加中です

クリックしていただけるととっっても励みになります!

 にほんブログ村 その他ペットブログ 動物・ペット全般へ 

ペットや獣医師について知りたい方は『いいね=Like Page』を押して最新情報をご覧ください!

コメントは受け付けていません。