感染経路は猫以外?トキソプラズマ感染者が獣医師に多い理由とは

猫と獣医師

こんにちは~^^獣医師のanicoですっ♪

 

猫を飼っていると!

そしてそれにあなたの妊娠が加わると!

 

気になりますよね~、トキソプラズマ(;’∀’)

 

トキソプラズマってなんぞや?という方はこちらの記事を先にお読みくださいね^^

妊婦と猫は同居できる?妊娠中に安全に生活するための注意点とは

 

このトキソプラズマ、猫からの感染ってのは有名な話かな~と思うんですが、猫以外からの感染も気になっちゃいませんか??

妊婦さんも関係ない話ではないんですが、この猫以外からの感染、実は獣医師がけっこう多かったりするんですよね~^^;

 

 

というわけで、今回はその感染経路と、獣医師の感染率を絡めた理由などのお話をさせていただきたいと思います^^

スポンサーリンク

トキソプラズマ感染の原因となる猫以外の動物とは?

それは・・・

 

です!!

(ああ、なんかいいですね、豚の字の強調。笑)

獣医師のトキソプラズマ感染の原因となる豚

 

 

ところで、トキソプラズマといえば、猫が悪者にされてる印象がありません?

 

まあ猫もかなりのキーパーソン(?)ではあるんですが、でも実際感染するのは猫以外、特に生肉とかからが多いんですよね。

・・・っていうのは、こういうトキソプラズマに関する記事を読まれたことがある方なら、もう知ってる話かもしれませんが^^;

 

なので、豚から、というか豚のお肉から感染するってのは目新しい話じゃなかったかもしれませんが、じゃあなぜ獣医に感染者が多いのか?ということを次に説明していきますね~

獣医師がトキソプラズマに感染する確率が高いのはなぜ?

スポンサーリンク

獣医って聞くと、犬とか猫を診ている動物病院の先生を思い浮かべませんか??

それが普通ですよね。うんうん。

 

ですが、先ほど豚が原因になる!と言ったので、動物病院の先生は違いそう?ってのはきっと勘付かれてるかと思います。

 

 

そう、獣医師がトキソプラズマに感染する確率が高くなるのは、動物病院以外のある仕事内容が関係してるんです!

 

 

そのある仕事とは・・・

 

・・・・・・

 

 

と畜検査員(とちくけんさいん)です!

 

・・・

・・・・・・

 

いや、いきなりと畜検査員とか言われてもよくわかんないですよね^^;

 

と畜ってのは、いわゆる屠殺(とさつ)のことです。今は屠殺って言葉使わなくなってますけどね。

(だから屠殺場も、今はと畜場って呼ばれてます)

 

で、えー、と畜検査員っていうのは公務員獣医師の仕事のひとつで、各県や市にある食肉衛生検査所というところに勤務して、牛や豚なんかの食用の肉や内臓が市場に出せるかどうかの判断をする仕事なんですね。

 

簡単に言うと、牛や豚の生きてる状態から解体された肉・内臓までを一連の流れでチェックし、合格ならスーパーに並ぶ、不合格なら廃棄処分にする、ということを決める仕事です。

 

主に生の豚肉なんかを扱う仕事なので、感染率が高くなるんですね~(;’∀’)

どこの段階でトキソプラズマに感染する?

豚肉

と畜検査員ってのは、各自が自分の持ち場に立って、流れてくる肉や内臓を包丁なんかを使ってチャキチャキ検査するんですが、もちろん帽子やらマスクやらして身を覆ってます。

 

覆ってはいるんですが、それでもやっぱり完ぺきではないので、なんかに混じって感染物質が口に入る可能性は高いんですね。

 

さらに気にしない人は血が付いた白衣のままお昼ごはんとか食べてたりするので(これけっこう多かったな。思い返すとすごい光景( ゚Д゚))、感染する機会はまあけっこうあるんですね~

 

(ん?なんかそう考えるとみんな感染とかあんま気にしてなかったかも……)

トキソプラズマに感染したのはいつわかる?

トキソプラズマに感染したのはいつわかる?

関連記事:飼い猫のトキソプラズマ検査は必要?不要な場合の注意点とは?

そんな感じで検査員たちは普段あんまトキソプラズマは意識してない気配なんですが、笑

感染がわかるのは健康診断時です。

 

一般的な健康診断では普通の血液検査のみなんですが、と畜検査員の健康診断にはトキソプラズマ検査がデフォで組み込まれてるんですよね。

 

で、健診の時に

「あらー感染してるわー」

ってなるわけです。

 

・・・軽っ!!

 

そう、みんなわりと反応が軽いんですよね。

健康だからいいんでしょうが、できればもらいたくねーって考えてるanicoとは違うんですよねぇ。

(ってなんかこの書き方だとanicoも軽っ。笑)

 

トキソプラズマは感染しても、健康な時なら特に症状とか現れないことも多いので、みんな健診の時に感染に気づくんですよね^^;

 

さらに、異動なんかで久々にと畜検査員に戻ってきた人なんかだと、

「お、やっぱり戻ってきたら抗体価あがってるなーハハハ」

って感じで自己分析(?)したりしてます。

 

・・・

・・・・・・

軽っ!!!

まとめ

トキソプラズマの感染源となる豚

関連記事:全人類の1/3以上が感染!?猫がカギとなる病気の正体とは

と、いうわけで、獣医は豚からトキソプラズマに感染してる人がけっこういます。

 

動物病院の先生だと猫のウンチ検査なんかで感染する機会もあるかもしれないんですが、やっぱり毎日肉まみれ内臓まみれ血まみれになる機会の多いと畜検査員(公務員獣医師)の方が、感染率は高いんじゃないかな~と思います。

 

ただ、妊婦じゃなければ、感染してもけっこう考え方は・・・・・・

 

軽っ!!!

 

って感じです。笑

 

お読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

ブログランキングに参加中です

クリックしていただけるととっっても励みになります!

 にほんブログ村 その他ペットブログ 動物・ペット全般へ 

ペットや獣医師について知りたい方は『いいね=Like Page』を押して最新情報をご覧ください!

コメントは受け付けていません。